toggle
テレビ番組
2011-11-06 | テレビ番組, ブログ

NHK『使命と魂のリミット』前編

NHK土曜ドラマスペシャル『使命と魂のリミット』前編。

主人公、夕紀(石原さとみ)は、心臓外科医として高名な西園(舘ひろし)のもとで、研修医として働いている。

夕紀の父親(永島敏行)11年前、西園の執刀で亡くなっており、夕紀はその死に疑問を抱いていた――

父親の死にこだわり、医師を目指す。

フィクションにありがちな設定だが、非現実的だとは思わない。

身内の死にこだわることは、人間だけにできることである。

不器用な生き方かもしれないが、本人が満足なら、それでいいのだ。

それにしても、ドラマや映画に登場する心臓外科医は、みなカッコいい。

17年前、私が出会ったその心臓外科医も、非の打ち所がないくらい見た目がカッコよかった。本物なのに。

手術直前まで元気で、「あくまで予防的な手術」を受けたはずの祖母が、術後一度も意識が戻らないまま亡くなった。

納得がいかなかった私は、執刀した心臓外科医にアポをとり、説明を聞きに一人で病院へ行った。

そのとき言われたことで、今も鮮明に覚えている二つのこと。

「あなたのおばあさんは亡くなったけど、私に手術してもらえて、満足しているはずだ」

「わたしはあの世を信じている。あなたのおばあさんは、あの世で幸せに暮らしている」

「あの世」の幸せを信じている人に、命をまかせてはいけない。

医師は24歳の小娘を前に、最初から不機嫌だった。

早くオバサンになりたい!!!と切実に思った。

その医師は翌春、別の大学病院へ移った。栄転である。

祖母のことも、私のことも、まったく覚えてないだろう。

でも、私は忘れない。

2011-11-04 | テレビ番組, ブログ

『おひさま』と『カーネーション』

一つ前のNHK連続テレビ小説『おひさま』と、現在放送中の『カーネーション』

まだ始まったばかりだが、私には「カーネーション」のほうが面白い。

『おひさま』が今ひとつだった理由をいくつか――。

主人公陽子(井上真央)の親友、育子(満島ひかり)は、ことあるごとに「女性たちよ!よき人生を!」と叫ぶフェミニスト。

その言動は、女学校時代から一貫している。

しかし、なぜ育子がそういう思想を持つに至ったかについては、説明不足。

書店の娘で、「雑誌から仕入れる情報が豊富な発展家」(NHK HP)とあるので、雑誌の影響ということか。

陽子のもう1人の親友、真知子(マイコ)は、両親も登場、自宅のシーンもたびたびあったが、育子については自宅(書店)のシーンはなく、親は東京の大学への進学を反対していると語られるのみ。

育子が東京大空襲で負傷したときも、松本から駆けつけたのは、身内ではなく陽子。

いずれにしても、育子のようなステレオタイプなフェミニストを登場させる意図がわからなかった。

主人公の陽子は、師範学校を卒業して小学校の教師となり、松本の蕎麦屋「丸庵」の一人息子、和成(高良健吾)と結婚。

出産後も教師を続け、授乳のため、和成が赤ん坊を背負って松本から安曇野の小学校へ通う。

(このドラマでは、松本・安曇野間の移動シーンがないため、距離感がわかりづらい)

ここで強調される和成のイクメンぶり。

少子化対策という今日的価値観の投影か?

仕事と育児が両立できそうな恵まれた環境にも関わらず、陽子はあっさりと(少なくとも私にはそう見えた)教師を辞めてしまう。

この辺から、ドラマのテーマや、陽子のパーソナリティーがわからなくなってきた。

ドラマ後半、松本の商業地にある陽子の婚家「丸庵」が火事で焼失。

一家は、「丸庵」の再建はせず、安曇野の古い家を蕎麦屋に改装し、移り住む。

観光地化もされていない森の中の蕎麦屋に、いったいどこから客が?という私の心配をよそに、客は順調にやってくるのである。

もしかして、これはファンタジーなのか?と思い始めた。

そういえば、現代の陽子(若尾文子)のシーンは、やたらと紗がかかっている。

陽子はすでに亡くなっていて、陽子の話の聞き役の房子(斉藤由は、そうとは知らずに幽霊と話をしているという設定か?と思ったら、そうではなかった。

9月から始まった『カーネーション』は、登場人物たちに今日的価値観が投影されておらず、例えば、主人公の父親(小林薫)は、どうしようもなく、家父長的である。

だから、面白い。

残念なのは(実話だから仕方ないが)、「おひさま」同様、主人公の母親の実家が、大金持ちであることだ。

どれだけ困窮しても、いざとなれば助けてくれる後ろ盾があるので、見ているこちらが緊張感を持てない。

庶民の僻みか。

(文中、敬称略)

2011-10-31 | テレビ番組, ブログ

NHKカーネーション「黒田屋の火事」

NHK連続テレビ小説『カーネーション』(第2425回)。

岸和田の傾きかけた呉服屋の娘、糸子は、得意の洋裁で、家計を助けたいと考えていた。

そんなとき(1932〔昭和7〕年12月)、東京の黒田屋デパートで火災が発生。

新聞やラジオは、救命ロープで降下しようとした和装の女性店員たちが、下にいる救助者や野次馬たちの視線を気にして片手で裾を押さえたため、体重を支えきれずに転落死したと報じ、女性店員の洋装化を訴えた。

糸子はチャンスとばかりに、心斎橋のデパートへ出かけ、自分に店員の制服を作らせてほしいと支配人に直談判する。

黒田屋の火災とはつまり、同年同月に発生した日本橋白木屋デパートの火災のことである。

8階建てビルの上半分を焼失し、火災による死者1人、転落による死者13人、負傷者67人を出す惨事となった(東京消防庁HP)。

これを機に洋装化が進み、女性がズロース(パンツ)を穿くようになったと言われている。

しかし井上章一は、『パンツが見える。――羞恥心の現代史』(朝日新聞社、2002年)のなかで、この「白木屋ズロース伝説」が虚構だということを証明している。

たしかに、生きるか死ぬかの状況で、他人の視線など気にしていられない。

ここで生理用品の話になるが、昭和初期に、「フレンド月経帯」「メトロン月経帯」「ノーブルバンド」といった月経帯が相次いで発売された背景には、腰巻に代わるズロースの普及があり、そのきっかけとなったのが、白木屋の火災だという説がある。

「きっかけ」が虚構であるばかりか、この時期にズロースの着用者が増加したという事実もなかった。

東京都渋谷区の東北寺には、白木屋火災で殉職した、女性店員8人、男性店員5人の墓がある。

男性も転落死していることが、「白木屋ズロース伝説」が虚構であることを裏付けている。

(文中、敬称略)

1 10 11 12 13 14