toggle
最近のニュース

横田めぐみさん、48歳の誕生日

今日10月5日は、北朝鮮拉致被害者、横田めぐみさんの48歳の誕生日である。

中学1年生だっためぐみさんが、新潟県の海沿いの町から忽然と姿を消したのは、1977年。

ご両親が、北朝鮮による拉致の可能性を知ったのが、1997年。

その間、20年。

ご両親は、めぐみさんの行方についてさまざま推測し、探し続けていた。

行方不明になった当日は、車に引きずりこまれたのではないかと疑い、駐車している車を片っ端から覗き込み、「バカヤロー!」と怒鳴られた。

直前に、めぐみさんが部活動のことで悩んでいたため、家出や自殺も疑った。

ニセ誘拐犯から電話がかかってきたこともあった。

新聞に載った写真のなかに、めぐみさんに似た人が写っていれば、新聞社に確認した。

ボウリングの団体が主催するミスコンテストの候補のなかに似ている人がいることを知り、当時暮らしていた前橋から、大会が開かれる品川まで出かけたこともあった。

絵画展でめぐみさんに似た女性の絵を見つけると、モデルを確認せずにはいられなかった。

以上は、めぐみさんの母親、横田早紀江さんが、1999年に出版された『めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる』(草思社)の内容である。

書名から、北朝鮮による拉致という想像もしなかった恐ろしい現実に直面しながらも、めぐみさんが生きていた!いずれ会える!という希望も抱いていることがわかる。

それから13年。蓮池さんご夫妻、地村さんご夫妻、曽我ひとみさんが帰国してから10年になる今年、早紀江さんが『めぐみと私の35年』(新潮社)を出版された。

前半は、前掲書と重なる内容だが、後半では、北朝鮮拉致が判明してから、遅々として進まない救出活動についての苛立ちが綴られている。

また、夫、滋さんの体調不良についても触れられている。

拉致被害者家族会が、政府に救出を訴えるために集めた署名は、これまでに1000万人分。

しかし、政府はこれに応えていない。

あまりに政府が頼りないので、署名ではなく、一口100円の募金にすれば、1000万人分で10億円になるわけだから、それで解決法を探ることはできないのだろうか?などと考えてしまう。

 

血液型性格診断は「日本の恥」

1216日付当ブログでも触れたが、今夏、松本龍元復興担当相が暴言を繰り返し、大臣を辞任した際、「B型なので短絡的なところがある」と釈明(になってません)。

どこまで無神経な人なのだと呆れたが、これを機にメディアが「血液型差別」に言及してくれたことは、よかった

『朝日新聞』の「声」欄には、「B型に迷惑な松本氏の発言」2011年7月30日)とか、「面接で血液型聞くのは非常識」2011年8月28日)といった真っ当な意見が寄せられた。

血液型を研究し、人種差別に利用しようと考えたのは、ナチスである。

(アーリア人にはA型が、ユダヤ人にはB型が多いとされていた)

ドイツに留学した学者によって血液型性格診断が日本に持ちこまれ、陸軍では血液型と兵士の資質との関連性などが研究された。

1927年に心理学者の古川竹二が論文「血液型による気質の研究」(『心理学研究』)を発表したことで、〈第一次血液型性格診断ブーム〉が起こった。

戦後は、1971年に能見正比古が『血液型でわかる相性』(青春出版社)を出版、〈第二次血液型性格診断ブーム〉が起こり、以後、会話のきっかけとして血液型を尋ねたり、松本元復興相のように失敗の言い訳にしたりということが、当たり前のように行われてきた。(『朝日新聞』「ニュースがわからん!」2011年8月14日)

以下引用> 被災地での態度が問題になり、7月に辞任した元復興担当大臣の「B型だから」との釈明が波紋を呼んだ。

私もそのB型である。性格と血液型の関係に科学的な証明はないけれど、私はB型だということを前向きにとらえ、都合よく解釈してきた。

若いころ、長島茂雄さんもB型と聞いて誇らしく、「長島と同じB型です」と自己紹介に使っていた。嫌なことやつらいことがあっても、「B型なんだから、どうにかなるさ」と楽観的に考える。二十数年前から始めた短歌では、「こんなことで悩んでいたら本物のB型じゃない。B型がすたる」とB型礼賛をうたった。

「B型は勝手気ままに生きている」という烙印を逆手にとって、「わがままなのはB型のせいなのよ」と開き直り、仲間と冗談を言い合っている。

元復興担当相もB型を利用しようとしたのかもしれないが、立場上、あの発言はいただけなかった。

血液型診断は世界的に珍しく、日本独自のものらしい(引用者注・そうでもない)。結構、会話も弾むこの日本の文化、なんともおおらかで私は気に入っている

(『朝日新聞』「ひととき」2011年8月31日)

この投稿者は、血液型がきっかけとなり会話が弾むと考えているようだが、血液型を聞かれることに、正確には、血液型で人を判断しようとする人がいることにストレスを感じる人もいる

なにより、血液型性格診断は、ホロコーストと縁が深い。全然「おおらか」ではない

「日本の文化」というより、「日本の恥」ではないか?

松本氏の「釈明」について、ヨーロッパのメディアは、「失敗を血液型のせいにできるのか?」と、「松本氏の放言よりも、血液型での性格や相性判断が日本ではやっている点に注目して伝え」たという(『朝日新聞』2011年7月13日)。

松本氏は、「日本の恥」を晒したのだ。

血液型性格診断を批判する投稿が掲載された同じ新聞を「B型だから成し遂げた。A型だから極めた。宗教学者が語る世界史の中のA型とB型。O型AB型も必見!」(「成し遂げた」と「極めた」は大差ないと思うのだが……)というキャッチコピーのついた本の広告や、「血液型別相性&つきあい方」を特集した女性誌の広告が飾る。

残念ながら、これからも血液型性格診断は、支持を得続けるのだろう。

※ 血液型性格診断の歴史については、松田薫著『「血液型と性格」の社会史――血液型人類学の起源と展開』(河出書房新社、1991年)が詳しい。

年の差婚(その1)看取り

2011年「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補60語のなかに、「年の差婚」がある。

たしかに今年は、芸能人の年の差婚が相次いだ。

〈男高女低〉の年の差婚では、加藤茶(45歳差)、堺正章(22歳差)、黒田アーサー(17歳差)など。

〈女高男低〉の年の差婚では、ほしのあき(13歳差)、鈴木砂羽(11歳差)など。

拙著『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)には、「芸能人の年の差婚」という項があるのだが、執筆当時、まだ加藤茶は再婚しておらず、年齢差が最も大きかった例として、元TBSアナウンサーの山本文郎に触れている。

山本は、73歳のときに30歳年下の女性と結婚し、芸能界最高齢再婚を記録した。

『週刊現代』のインタビュー記事によれば、プロポーズは彼女のほうから。

30歳も年の差があるし、ボクの寿命はせいぜいあと10年だよ」とためらう山本に、彼女が言った、「もし、あなたが病気で倒れたり、ボケたりしたときは私が全力で看病します」という言葉が「決め手」となった。

97歳(当時)になる山本の母親は、「文郎も一人で死ななくて済む」と喜んだという。

日本では、女性のほうが男性よりも年齢、学歴、収入が低いといういわゆる〈低方婚〉が望まれてきた(結婚相談所の広告からも明らか)。

夫にとっての低方婚のメリットは、2つある。

夫のほうが年長で、学歴も高ければ、自動的に敬われる(とは限らないが、日本は学歴社会であり、一応、年長者を敬う文化が存在する)。

さらに、もともと女性のほうが寿命が長いことに加え、妻が年下であれば、看取ってもらえる可能性が高い。

山本のように30歳も若い妻であれば、ほぼ間違いなく山本が先に逝くことになるだろう。

芸能人の〈女高男低〉婚で、年齢差が最も大きいのは、68歳のときに24歳年下の男性と結婚した漫才師の内海桂子だろう。

さすがに内海が高齢なため、このカップルは夫が妻を看取るという前提で話をしている。

内海はプロポーズに対して、「じゃあ、あんた、私の死に水取ってくれるの?」と質問したという。

男女を問わず、自分が高齢で相手が若い場合、いったい相手は自分の最期のときまで一緒にいてくれるのだろうか? ということが気になるのかもしれない。

この点、お互い若くして結婚した夫婦や、年が離れていない夫婦の場合、結婚時に「介護」や「死に水」が話題になることは少ない。

いずれにしても、〈男高女低〉婚が多い日本では(諸外国の事情については際限がなくなるので触れない)、結果的に妻が夫を看取ることが多く、これが逆転し、夫を看取るつもりでいた妻が看取られる側になってしまうと、そこには遠慮が生じてしまう。

(具体的には、上野千鶴子著『おひとりさまの老後』〔法研、2007年〕の「女はお世話する性か?」という項をご参照ください)

妻が夫を介護することは当たり前で、いくら頑張っても誰も褒めてくれないが、夫が妻を介護すると、それは「美談」として語られる。

もちろん、「語られる」というだけで、当事者にとっては美談では済まされない。

働き続けないと食べていけないにも関わらず、離職して妻(あるいは親)の介護をしている男性たちの窮状が、最近マスコミでも取り上げられるようになった。

厚生労働省が行った高齢者虐待に関する調査によれば、養護者(家族、親族、同居人等)が加害者の場合、「息子」が41.0%と最も多く、次いで「夫」が17.7%、「娘」が15.2%の順だった。

養護者の割合は圧倒的に女性が多いにも関わらず、加害者は男性が多い。

これについて、厚生労働省の高齢者支援課は、「男性は家事に慣れていなかったり、弱音を吐くのが苦手だったりするという指摘がある」と説明している(『朝日新聞』)。

妻が夫を看取ることは当たり前とみなされ、いくら頑張っても褒められないと書いたが、夫を見送ったあと、それまでになく生き生きと生活している女性たちが少なくないということも、付け加えておきたい。

(文中、敬称略)

1 2 3 4