toggle
ブログ
2015-07-11 | テレビ番組, ブログ

ETV特集『頑張るよりしょうがねえ』

天邪鬼なので、まわりが意味もなく(意味はあるんだろうが)盛り上がっていると、逆に白けてしまう。

だからオリンピック招致が決定したときのあの映像は、私を最大級にドン引きさせた。やがて区民体育館に2020年東京オリンピック」の横断幕がかかり、商店街に同様の幟が飾られ、街中がオリンピック歓迎ムードに?! これがあと5年も続くとは、苦痛だ。

6月13日に再放送されたETV特集『頑張るよりしょうがねえ――福島・南相馬 ある老夫婦の日々』

南相馬で暮らす80代後半の老夫婦は、東日本大震災の津波で家を流され、頼りにしていた58歳の息子も失った。

夫婦にはもう1人、息子がいたが、20歳で夭折していた。

妻は段差の多い借り上げ住宅で転倒して腰を傷め入院。元気だった頃は、日本舞踊の師範をしており、80人の弟子がいた。

夫は、妻の食事の介助をするため、朝、昼、晩と1日3回、軽トラを運転して病院へ通う。

退院後は、近所に新しくできる介護施設に妻を入れようと見学に。ホテル並みの設備を見て、「こういうところさ入れてえなあ」

しかし、施設は完成しても介護の人手が足りず、ベッドは空いているのに入所できない。

借り上げ住宅もあと1年で出て行かなければならないので、夫は人生最後の大仕事に乗り出す。コツコツと貯めた農協の積立金をすべて解約して土地を購入、家を新築することにしたのだ。

実は新築の最大の目的は、妻を元気づけることにあった。

息子を二度も失った妻は、うつ病も発症していた。毎日、息子の夢を見て涙を流す。

妻に生きる希望を与えようと、夫は自分で図面を引いた。妻のための完全バリアフリー住宅。歩行訓練ができる長い廊下と手摺り。料理が楽しくなるようなアイランド型のキッチン。

「あなた専用の介護のできる家を作るんだから、頑張れよ。家が完成しないうちは、あの世に行ってはダメだ。自分の家からあの世に行きましょう」

夫が自分のために頑張っている姿を見て、「死ぬよりほかない」が口癖だった妻が、「家を建てたら(息子の遺影を)飾ってみようかなと思って楽しみなの」と。

妻の退院後は、借り上げ住宅での老々介護。

夫も体が悪い。歩行用カートを使ってやっと歩いている状態。「俺が参ったら、どうしようもない」と整骨院に通いながら介護を続ける。

2014年4月に建築が始まった家は、9月に完成の予定だった。しかし、災害公営住宅や東京オリンピックに向けた建設ラッシュに人手を奪われ、工事が遅々として進まない。そして、妻は家の完成を待たず、震災から3年半後の9月11日に亡くなった。

「希望なんて何にもないよ。何のために家を作ったかわかんない。家なんてつくらないでお金持っていたほうがよっぽど皆に大事にされたべ」

オリンピックを招致したらこうなることはわかっていた。加えて国立競技場は大幅な予算オーバー。東京オリンピックっていったい……

 

パートナーシップ証明書

同性カップルに対し結婚に相当する関係を認め、「パートナーシップ証明書」を発行するという方針を東京都渋谷区が表明した。

性的マイノリティに対する差別を理不尽だと感じてきた私だが、この方針についての報道には些か不満なのだ。

2月15日の朝日新聞の社説は、「現実に、ともに暮らし、強い結びつきをもつ同性カップルは少なくないが、法律上の結婚はできない。男女間の結婚のように関係を証明したりする施策はなく、さまざまな不便や不合理を感じている。そんな人たちを支えようと、自治体でできることを模索し、新たな一歩を踏み出そうとする取り組みを評価したい」と諸手を挙げて賛成している。

私は、結婚制度に「乗れない(同性)カップル」同様、「乗りたくない(事実婚)カップル」にも「パートナーシップ証明書」が発行されるのかどうか?という点が気になったのだが、新聞やニュースはこれについて全く言及していない。

仕方なく渋谷区役所に問い合わせたところ、同性カップル限定とのこと。

結婚制度に「乗りたくない」だけなら「乗ればいい」のだろうが、「乗りたくない」のには理由がある。

とはいえ、役所の人を困らせるのが目的ではないので、それについては触れなかった。ちなみに朝日新聞掲載の世論調査では半数以上が渋谷区の方針に賛成しているが、「わざわざお電話くださる方は、ほとんどが反対の方です」とのことで、毎日全国から「お叱りの電話」がかかってくるらしい。

朝日新聞の社説には「諸外国では同性間の結婚を認める国が増えつつある。生殖医療を利用したり養子を受け入れたりして、子育てするカップルもいる。人権や多様な生き方を尊重する流れの一つだろう」とあるが、同性婚の認否以前に、国によって結婚制度やそれに伴う諸事情(例えば、夫婦別姓など)が異なる。

当然ながら「結婚しないと損をする国」ほど、婚姻率が高い。

真に「人権や多様な生き方を尊重する」社会を目指すなら、結婚制度の間口を広げるよりも、「結婚しなくても損をしない社会」にするべきなのだ。

でもそうはならない。国が最優先するのは子どもを増やすことであり、そのためには現行の結婚制度が有効だとされているから。

「生殖医療を利用したり養子を受け入れたりして、子育てするカップルもいる」というくだりには、同性カップルも子どもを増やすことに貢献しますよ、というニュアンスが感じられる。穿ちすぎだろうか。

数日前、NHKの夕方のニュース番組枠で、「ある結婚相談所」(「ノッツェ」の文字が思いっきり映っていたけど)が主催した婚活イベントを取り上げていた。

「育児」を通して相手を知り、よりよい結婚生活を目指すというコンセプトで、小さな子どもたちが集められ、参加者たちは育児の真似事をしていた。

出産、育児を前提として結婚相手を選ぶということになるが、それならば女性の参加者には年齢制限があるのだろうか。結婚したら必ず子どもが生まれるとは限らないのに。

結婚も出産も人生の選択肢の一つに過ぎないと考えるような人間は、この国では最早「非国民」なのだろう。

 

2015-01-30 | ブログ, 大家族モノ

『激闘大家族』濱本家

長い間更新していないのに突然アクセス数が上がったのは、一昨日放送の『激闘大家族スペシャル』の影響に違いない。

朝日新聞の「試写室」(番組紹介欄)には、「15歳で大量の料理を準備する次女、12歳で下の子をあやし続ける長男、不幸な過去を胸に子には無限の愛を注ぐ母。ついに家族が増える場面では、見ているこちらも胸がいっぱいになった」とある。

前の渡津家のこともあるのであまり参考にはならないが、ビッグダディや渡津家のような「毒系」大家族ではなく、石田さんチや加藤家のような「ほのぼの系」大家族なのだろうと予想し、録画を観た。

主役は34歳のお母さん。1歳のときに実母が出奔。父親が再婚し、継母の虐めに遭って児童養護施設に入所。実母が迎えにきて出所するが、今度は実母の再婚相手である継父の虐待に遭い、15歳で家出、結婚、17歳で長女を出産。4人の子どもをもうけたところで離婚。その後、現在の夫と出会い、さらに2人出産、計6人の子の母となった(番組の最後にもう1人産んで7人に増える)。

つまりお母さんは、「実父・継母」「実母・継父」の2組の親のいずれからも虐待を受けたことになる。そこから脱出し、おそらく生きるために結婚、離婚、再婚し、現在は子宝に恵まれて幸せなようだ。

渡津家のお母さん同様、結婚すればどうにか生きられるということを教えてくれる。実にありがたい教えである。

「今度はいつにする? 夏生まれは3人いるから、今度は秋にしよう」「次で最後にしよう」と言った会話から、意外にも濱本夫妻が計画的に子作りをしていることがわかる

また、濱本家は子どもの教育費は一切かけない主義のようだが、その分(?)生活費を切り詰めている様子なない。

したがって、私流「大家族モノの条件」に照らし合わせると、「計画的大家族」で経済的に余裕があり、夫婦仲がよい濱本家は、大家族番組としてはつまらないということになる。

しかしそれはビッグダディ家や渡津家のような「毒系」に慣らされてしまったからであり、本来こうした「ほのぼの系」こそが大家族モノのあるべき姿なのかもしれない。

お母さんが17歳のときに産んだ長女が、今回17歳で非婚初出産。このあたり、渡津家の三女と相通ずるものがあるが、育児放棄した渡津三女と異なり、濱本長女は生まれてきた子どもを大切に育てている。

そして、大家族番組史上、一番いい子かもしれないと感じたのが15歳の次女。

スタッフの問いかけに、汚れた大人たちにとっては想定外の言葉を返していた。

(次女)「最近、お母さんに似てるって言われる」

(スタッフ)「(太ってるオバサンに似てるなんて失礼だよね)うん、それで?」

(次)にこにこ笑いながら「うれしい」

(ス)「お姉さんが17歳で妊娠したって聞いたとき、どう思った?」

(次)にこにこ笑いながら「子どもからしたら、若いお母さんがいいと思う」

(ス)長女が無事出産したと聞き、料理をしながら涙ぐむ次女に「(お母さんがお姉さんに付きっ切りで留守だったから)毎日家事をして辛かった?」

(次)「違う。安心して涙が出た」

とまあ、こんな感じ。

次女は家計を考えて、中卒で就職。そして、番組の最後、丸刈りで登場。

お母さんによれば、遊びを優先して仕事を辞め、勝手な外出を繰り返すことへの罰として丸刈りにしたという。

スタッフは突っ込まなかったが、次女の顔は腫れ、痣もあった。

やたらと逞しいビッグダディ家や、軽い取っ組み合いはあっても一方的な暴力はなさそうな渡津家にはない「暗いもの」を見た。「ほのぼの系」どころか、最悪だ。

お母さんは17歳で出産したとき心細かったから、長女には同じ思いをさせまいと、産院にずっと付き添った。でもこのままでは次女が家を出て、お母さんと同じ思いをすることになるのでは?

番組スタッフ、どう思う?

 

1 2 3 4 5 6 7 8 33