toggle
テレビ番組
2015-11-13 | テレビ番組, ブログ

「キレる老人」は増えているか?

今朝の『羽鳥慎一モーニングショー』は、「キレる老人」を取り上げていた。

私は常日頃、ただ単に短気な人も、私利私欲関係なく言うべきことを言っている人も同じように「キレる」と表現することに抵抗を感じているが、さらにそういう高齢者が増えてきているかのような印象を与える「キレる老人」もしくは「キレやすい老人」という言葉もどうかと思う。

そういう高齢者が増えているような気がするのは、高齢者人口、つまりサンプル数が増えたからに過ぎない。

「キレる老人」の例として、スタバなどの店で先に商品を買わずに席に着き、「いったいいつになったら注文を取りに来るんだ!」と文句を言った男性客が挙げられていた。しかしこの客は、店のシステムを知らずにそう言っただけである。「キレる老人」の例としてまったく相応しくない。むしろ、客は店のシステムを知っていて当然、というこういう店の態度の方が傲慢だ。

また、ゲストのノンフィクション作家の経験として、高齢者に取材中、何度も同じ話をするので、「それはさきほども伺いました」と言ったら、相手が怒り出したという例も挙げられた。取材させてもらってるんだから、何度同じ話をされても辛抱強く聞け、と言いたい。

こうした例がいくつか挙げられたあと、あの方が「この問題については、俺の中で答えが出てる!」とまるで教室の小学生のように声を上げ、「認知症で脳が萎縮してるんだよ。脳には油が必要なんだ。油を取ればいいんだ!」と得意気に発言。

あなたの脳ミソこそ油が必要だよ、と突っ込んでいると、スーパーで食料など1000円弱の商品を万引きした男性高齢者のVTRが。これは「キレる老人」問題ではなく、貧困の話ではないか? 案の定そのあと、男性の万引き理由の第一位が「生活苦」で、女性の場合は「高揚感」だという説明が(犯行理由は往々にして誘導されるので、データを鵜呑みにはできない)。

最後にノンフィクション作家が、「老人」が「キレない」ためには社会的に孤立しないことが大事だから、「町内会の活動に参加するなど社会の一員であることを自覚してもらうような施策を行うことが国家的急務」だと発言。

1人で豊かな時間を過ごしている高齢者もたくさんいるのに、「1人暮らしの老人=孤独=キレやすい」という偏見を撒き散らし、国が強制的に町内会活動に参加させろとは。どれだけ恐ろしいことを言ってるんだか。

この流れでは、今後「キレる老人」は治療を施すべき病人と見なされ、収容されるのではないだろうか。全国の頑固おやじ、偏屈おやじ、クレームおばさん(私か)たち、気をつけましょう。

 

2015-09-25 | テレビ番組, ブログ

Nスペ『老衰死~穏やかな最期を迎えるには~』

NHKスペシャル『老衰死~穏やかな最期を迎えるには~』

治療の限りを尽くし、とりあえず延命するということに重きを置いてきた従来の医療のあり方に対する反動かとも思うが、最近、延命治療を批判する本や雑誌記事が多数出ている。

いわく、たくさんのチューブにつながれて人生の最後を過ごすいわゆる「スパゲティ症候群」「非人間的」であるため、延命装置ではなく、家族に囲まれて「人間らしく」死ぬことが望ましい、と。

こうした説に接するたびに私が感じるのは、延命治療にお金をかけてもらえるなんて、羨ましいなということ。最低限の医療しか受けられず、放置されるより、チューブでつながれるほうにむしろ家族の愛情を感じる(自己満足に過ぎないとしても)。

今回のNスペは、延命治療を行わず、自然と寿命が尽きるのを待つ〝老衰死〟を「穏やかな死」と捉え、理想の死に方であるというメッセージを発信していた。

何事も疑ってかかる私は、これってこの先の超高齢化社会で医療費を節約するための策略ではないか、と感じた。

現代の日本人は、生まれたときから医療漬けであり、それが当たり前となっている。なぜ延命治療だけが嫌悪されるのか。「非人間的」だから? 健康や長寿に固執する姿こそが「人間的」であり、自然に近い状態のほうが「非人間的」だと思うのだが。

番組では、欧米の「死の質(QOD)」を高めるための活動も紹介していた。イギリス人の終末期ケアの講師が、「私たちは死を拒否し、まるで永遠に生き続けられるように思いがちです。死は負けだと考えるが、そうではありません。安らかに死ねないことが負けです」と語っていた。

別に永遠に生きられるとは思っていない。ただ、一度死んでしまったら二度と生き返れないので、少しでも長く生きていたいと思うのだ。それに「安らかに死ねないことが負け」という言葉も、聞き捨てならない。人の死に方を勝手に評価するな。

延命治療を施さない〝老衰死〟をよしとする都内の特別養護高齢者ホームも紹介され、そこで90代の母親を看取った男性が、「やさしい母親でしたから、自然の中に終わっていったというのは、いかにもぴったりでした」と語っていた。

亡くなった人は何も語らないし、結局は残された者の気持ちの問題だろう。

私もできれば長生きして穏やかに死にたいけれど、普段全然穏やかに生きていないのに、死ぬときだけ穏やかに、というのは虫のいい話だという気もする。

 

 

2015-07-11 | テレビ番組, ブログ

ETV特集『頑張るよりしょうがねえ』

天邪鬼なので、まわりが意味もなく(意味はあるんだろうが)盛り上がっていると、逆に白けてしまう。

だからオリンピック招致が決定したときのあの映像は、私を最大級にドン引きさせた。やがて区民体育館に2020年東京オリンピック」の横断幕がかかり、商店街に同様の幟が飾られ、街中がオリンピック歓迎ムードに?! これがあと5年も続くとは、苦痛だ。

6月13日に再放送されたETV特集『頑張るよりしょうがねえ――福島・南相馬 ある老夫婦の日々』

南相馬で暮らす80代後半の老夫婦は、東日本大震災の津波で家を流され、頼りにしていた58歳の息子も失った。

夫婦にはもう1人、息子がいたが、20歳で夭折していた。

妻は段差の多い借り上げ住宅で転倒して腰を傷め入院。元気だった頃は、日本舞踊の師範をしており、80人の弟子がいた。

夫は、妻の食事の介助をするため、朝、昼、晩と1日3回、軽トラを運転して病院へ通う。

退院後は、近所に新しくできる介護施設に妻を入れようと見学に。ホテル並みの設備を見て、「こういうところさ入れてえなあ」

しかし、施設は完成しても介護の人手が足りず、ベッドは空いているのに入所できない。

借り上げ住宅もあと1年で出て行かなければならないので、夫は人生最後の大仕事に乗り出す。コツコツと貯めた農協の積立金をすべて解約して土地を購入、家を新築することにしたのだ。

実は新築の最大の目的は、妻を元気づけることにあった。

息子を二度も失った妻は、うつ病も発症していた。毎日、息子の夢を見て涙を流す。

妻に生きる希望を与えようと、夫は自分で図面を引いた。妻のための完全バリアフリー住宅。歩行訓練ができる長い廊下と手摺り。料理が楽しくなるようなアイランド型のキッチン。

「あなた専用の介護のできる家を作るんだから、頑張れよ。家が完成しないうちは、あの世に行ってはダメだ。自分の家からあの世に行きましょう」

夫が自分のために頑張っている姿を見て、「死ぬよりほかない」が口癖だった妻が、「家を建てたら(息子の遺影を)飾ってみようかなと思って楽しみなの」と。

妻の退院後は、借り上げ住宅での老々介護。

夫も体が悪い。歩行用カートを使ってやっと歩いている状態。「俺が参ったら、どうしようもない」と整骨院に通いながら介護を続ける。

2014年4月に建築が始まった家は、9月に完成の予定だった。しかし、災害公営住宅や東京オリンピックに向けた建設ラッシュに人手を奪われ、工事が遅々として進まない。そして、妻は家の完成を待たず、震災から3年半後の9月11日に亡くなった。

「希望なんて何にもないよ。何のために家を作ったかわかんない。家なんてつくらないでお金持っていたほうがよっぽど皆に大事にされたべ」

オリンピックを招致したらこうなることはわかっていた。加えて国立競技場は大幅な予算オーバー。東京オリンピックっていったい……

 

1 2 3 4 5 14