toggle

プロフィール

田中ひかる

1970年、東京都生まれ。

代田幼稚園、世田谷区立花見堂小学校、世田谷区立若林中学校、東京都立青山高等学校、学習院大学法学部卒業。

予備校・高校非常勤講師などを経て、1999年、専修大学大学院文学研究科修士課程に入学、歴史学を専攻。

2001年、横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程に入学、社会学を専攻。博士(学術)。

著書に『月経と犯罪―女性犯罪論の真偽を問う』(批評社)、『月経をアンネと呼んだ頃―生理用ナプキンはこうして生まれた』(ユック舎)、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『生理用品の社会史―タブーから一大ビジネスへ』(ミネルヴァ書房)がある。