toggle
大家族モノ
2016-05-12 | ブログ, 大家族モノ

『大家族 石田さんチ』

子どもが成長し、一時は終わりかと思われた『大家族 石田さんチ』が完全復活を遂げた(5月9日放映)。

最近は『痛快!ビッグダディ』『貧乏に負けるな!2男12女ワケアリ大家族(渡津家)』などの〝毒系(これは必ずしも悪い意味ではない)大家族〟の陰で目立たない印象だったが、やはり「家族愛」を謳う〝正統派〟は強い。

離婚や再婚、娘の非婚出産などの「事件」が起こるのが当たり前で、何も起こらないと物足りなさを感じてしまう「ビッグダディ」や「渡津家」と違って、何も起こらなくても満足できるのが「石田さんチ」。むしろ何も起こってほしくないと願ってしまう。

今回はお父さんが脳梗塞で倒れるという「事件」があったが、幸い軽症だった。

末っ子隼司が成人したことで石田家の子育てが終わる、というのが今回の大テーマ。したがって冒頭から隼司ネタが多かった。

まず、成人式の様子。友人たちと揃いの金色の袴姿で、二台のリムジンに分乗して成人式会場へ向かう様は、水海道(茨城県)にヤンキーが健在であることを世に知らしめた。隼司以外の仲間は、みな居眠りしていたとはいえ、式典にきちんと出席しているところがかわいらしい。

隼司は石田家の7人の息子たちの中で間違いなく一番の「悪ガキ」だったが、美容師の国家試験に合格し、就職も果たした。ぎりぎりの成績で合格し、やっと就職できたのかと思いきや、ちらっと映った就職先の会社は、大手の美容グループなのである。配属先の店舗も紹介されていたので、これが四男智広だったら、指名予約して出かけたかもしれない。

そう、私は石田家の息子たちの中で智広が一番好きで、もっと出番を増やしてほしいと思っている。ぜひ智広を主役にすえて番組を作ってほしい。いい人だけど全然面白くない(そこが面白いといえば面白い)長男のダラダラ話より、お父さんの血を最も色濃く受け継いだ智広のキレのあるコメントが聞きたい。

残念なのは、お父さんとお母さんの諍いに関し、息子たちがお父さんの肩を持とうとすること。

長男いわく、「ウチ(自分)は社会に出てるからさ、親父びいきに話を聞くんだ。親父のほうがまともなこと言ってると思うよ」「オカンはずーっと子どもを育ててきてさ、世の中みたいな、常識みたいなのから逸脱したようなところで(中略)育ててきたわけだ」

子育て中の母親が「社会」から逸脱しているという見方は間違っている。「保活」一つ採っても、子育ては社会との格闘なのだ。拙著『オバサンはなぜ嫌われるか』に書いたが、ママ友つき合いや夫の転勤などによって、主婦の社会性は否応なく培われる。

隣に子育て中の妻がいるのに、そんなことを言ってのけてしまう長男こそ、大丈夫か社会性。

そして、そんなことを言われても無反応の妻、洋子さん。お似合いの二人が、一人娘の入学式に参列したところでエンディングへと向かう。

それにしても、長年連れ添った夫からは顔を合わせるたびに罵られ、息子たちからは軽んじられるお母さんは、これでいいのだろうか。お母さんの本音やいかに。

(敬称略)

 

2015-01-30 | ブログ, 大家族モノ

『激闘大家族』濱本家

長い間更新していないのに突然アクセス数が上がったのは、一昨日放送の『激闘大家族スペシャル』の影響に違いない。

朝日新聞の「試写室」(番組紹介欄)には、「15歳で大量の料理を準備する次女、12歳で下の子をあやし続ける長男、不幸な過去を胸に子には無限の愛を注ぐ母。ついに家族が増える場面では、見ているこちらも胸がいっぱいになった」とある。

前の渡津家のこともあるのであまり参考にはならないが、ビッグダディや渡津家のような「毒系」大家族ではなく、石田さんチや加藤家のような「ほのぼの系」大家族なのだろうと予想し、録画を観た。

主役は34歳のお母さん。1歳のときに実母が出奔。父親が再婚し、継母の虐めに遭って児童養護施設に入所。実母が迎えにきて出所するが、今度は実母の再婚相手である継父の虐待に遭い、15歳で家出、結婚、17歳で長女を出産。4人の子どもをもうけたところで離婚。その後、現在の夫と出会い、さらに2人出産、計6人の子の母となった(番組の最後にもう1人産んで7人に増える)。

つまりお母さんは、「実父・継母」「実母・継父」の2組の親のいずれからも虐待を受けたことになる。そこから脱出し、おそらく生きるために結婚、離婚、再婚し、現在は子宝に恵まれて幸せなようだ。

渡津家のお母さん同様、結婚すればどうにか生きられるということを教えてくれる。実にありがたい教えである。

「今度はいつにする? 夏生まれは3人いるから、今度は秋にしよう」「次で最後にしよう」と言った会話から、意外にも濱本夫妻が計画的に子作りをしていることがわかる

また、濱本家は子どもの教育費は一切かけない主義のようだが、その分(?)生活費を切り詰めている様子なない。

したがって、私流「大家族モノの条件」に照らし合わせると、「計画的大家族」で経済的に余裕があり、夫婦仲がよい濱本家は、大家族番組としてはつまらないということになる。

しかしそれはビッグダディ家や渡津家のような「毒系」に慣らされてしまったからであり、本来こうした「ほのぼの系」こそが大家族モノのあるべき姿なのかもしれない。

お母さんが17歳のときに産んだ長女が、今回17歳で非婚初出産。このあたり、渡津家の三女と相通ずるものがあるが、育児放棄した渡津三女と異なり、濱本長女は生まれてきた子どもを大切に育てている。

そして、大家族番組史上、一番いい子かもしれないと感じたのが15歳の次女。

スタッフの問いかけに、汚れた大人たちにとっては想定外の言葉を返していた。

(次女)「最近、お母さんに似てるって言われる」

(スタッフ)「(太ってるオバサンに似てるなんて失礼だよね)うん、それで?」

(次)にこにこ笑いながら「うれしい」

(ス)「お姉さんが17歳で妊娠したって聞いたとき、どう思った?」

(次)にこにこ笑いながら「子どもからしたら、若いお母さんがいいと思う」

(ス)長女が無事出産したと聞き、料理をしながら涙ぐむ次女に「(お母さんがお姉さんに付きっ切りで留守だったから)毎日家事をして辛かった?」

(次)「違う。安心して涙が出た」

とまあ、こんな感じ。

次女は家計を考えて、中卒で就職。そして、番組の最後、丸刈りで登場。

お母さんによれば、遊びを優先して仕事を辞め、勝手な外出を繰り返すことへの罰として丸刈りにしたという。

スタッフは突っ込まなかったが、次女の顔は腫れ、痣もあった。

やたらと逞しいビッグダディ家や、軽い取っ組み合いはあっても一方的な暴力はなさそうな渡津家にはない「暗いもの」を見た。「ほのぼの系」どころか、最悪だ。

お母さんは17歳で出産したとき心細かったから、長女には同じ思いをさせまいと、産院にずっと付き添った。でもこのままでは次女が家を出て、お母さんと同じ思いをすることになるのでは?

番組スタッフ、どう思う?

 

2014-10-04 | ブログ, 大家族モノ

親戚気分で楽しめる?「大家族渡津家」

『貧乏に負けるな! 2男12女ワケアリ大家族 13』

今回は『朝日新聞』「試写室」(番組紹介欄)が「渡津家」を取り上げていたので、ちょっと意外だった。

記者いわく「子どもたちを見守るお父さんとお母さんの視線があたたかい」「お金はなくても、笑顔あふれる渡津さん家族。一人暮らしのあなたも、子どもが独立したあなたも、親戚気分で楽しめること請け合いだ」

親戚気分で楽しめる?

果たして視聴。

今回も「ワケアリ3女」で引っ張る作戦。なにしろ渡津家で本当にワケアリなのは、この人だけなので。それなのに、引っ張りに引っ張った挙句、3女については「次の放送で!」とは。こういう作り方がいけ好かない。

でも「ワケアリ3女」に深入りしなかったため、今回の「渡津家」は大家族の平凡(?)な日常を追うにとどまり、その結果「渡津家」初心者の記者の目には「笑顔あふれる渡津さん家族」に映ったのだろう。

番組は今回も、3女が施設に預けたまま引き取ろうとしない長女には触れず。でもよく観れば、3女が「次女」と「長男」しか育てていないことは明らか。記者にはぜひ「長女はどこに?」と突っ込んでほしかった。

「渡津家」は「2男12女」と言いながら、実際には上の子どもたちは独立している。渡津父と渡津母が、3女が産んだ長女を引き取って育ててもいいのでは?と思わずにはいられない。

以前TBSで放送していた「大家族青木家」の長女は、大家族番組に食い物にされ、本当に気の毒だった。

彼女は両親に施設に預けられたまま成長し、ようやく自宅で暮らせるようになったときには、下に弟や妹がたくさんいた。以後、弟や妹の世話をすることが彼女の仕事となり、それが美談として放送された。

そして今、渡津家の3女の長女が、青木家の長女と同じ道を歩み始めている。全国に開かれた渡津家なのに、この状況は放置されたまま。臭いものに蓋をして「親戚気分で楽しめる」わけがない。

同じ大家族モノでも、「石田さんチ」のように本当に親戚気分で楽しめる番組もある。

「渡津家」はもう「ワケアリ3女」には頼らず、長女や5女、6女、9女、10女、11あたりを中心に構成すれば、俗悪視されなくなるだろう(されてないか)。

実は「渡津家」では、一切テレビに映らない子どもも何人かいて、その点にはスタッフの良心を感じる。

 

 

1 2 3 4 5 7