toggle
オバサン・月経・犯罪

生理用品の歴史

日本の生理用品の歴史について、最も正確で詳しい本をまとめたいという念願が叶いました。

ミネルヴァ書房の担当編集者さんが考えてくださった書名とキャッチコピーは、

『生理用品の社会史――タブーから一大ビジネスへ』

「知られざる日本独自の発展史を描く。ナプキン以前、ナプキン以後、女性は、日本社会はどのように変わったのか」

そうなのです。日本の生理用品は、「独自の発展」を遂げてきたのです。

つい半世紀前まで、日本では「月経不浄視」が支配的で(今も「月経不浄視」に基づいた慣習が、各地に残っています)、生理用品は日陰の存在でした。

本書第1章では、ナプキンが登場する以前、女性たちがどのような経血処置を行っていたかについて、書いています。(詳しくはこちら

この「月経不浄視」。自然発生的に生じたと考えられてきましたが、少なくとも日本については、ある目的をもって「輸入された」という見方が、最近、主流となっています。

本書第2章では、 「血の穢れ」の起源、月経不浄視の目的、月経小屋をはじめとする月経禁忌の慣習についてまとめ、実際に月経小屋を使用した方々の貴重な体験談も紹介しています。

また、以前にこのブログでも書いたことがありますが、ショーツにペタッと貼るタイプのいわゆる「使い捨てナプキン」は、50年前、当時27歳の主婦、坂井泰子が「女性の生活をもっと快適にしたい」という一念から、作り出したものです。

坂井泰子と高原慶一朗(ユニ・チャーム会長)の好対照が、ナプキンの発展を軌道に乗せたといえるでしょう。

坂井泰子が生み出した「アンネナプキン」のデビューと引退については、第3章にまとめました。

第4章では、今日の使い捨てナプキンの性能と、使い捨てであるがゆえの問題点に触れ、愛用者を増やしつつある「布ナプキン」に注目しました。

無責任な「使い捨てナプキン有害論」や、使い捨てナプキンの「功績」を無視した「布ナプキン信奉論」については、批判をしています。

ほかに、生理用品や月経をめぐる議論について、できるだけ言及しています。

例えば、月経を「生理」と呼ぶことの可否、経血は「汚物」か否か、「月経不浄視」と「経血不潔視」の混同について、など。

執筆中、あらためて感じたことは、女性と生理用品をめぐる環境には、その社会の月経観や女性観のみならず、政治や経済も反映されるということです。生理用品は、社会を計る指標といえます。

生理用品の歴史について、少しでもご関心がおありの方、拙著を書店で見かけましたら(昨日、書店を覗いたら、ビジネスコーナーに積んでありました)、お手にとってパラパラとめくってみてください。明治、大正時代の月経帯の広告、アンネ社の広告、生理用品関連年表なども載っています。

 

小林製薬のネーミングと『命の母』

小林製薬の商品名は、わかりやすいが、ダサい。

『トイレその後に』『あせワキパッド』。

『メガネクリーナふきふき』(『スマートフォンふきふき』もある)。

水虫薬の『タムチンキ』、膀胱炎薬の『ボーコレン』。

『ケシミンクリーム』にいたっては、シミを「予防」する効果は謳われているが、シミを「消す」効果はないので、ほとんど詐欺である。

「生理前のイライラ」に効くと宣伝されている『命の母ホワイト』。

「ホルモンに翻弄される女性像」を強化している。

くどいが、女性がみな月経前にイライラするわけではなく、イライラしたとしても、それが対人関係や仕事に影響するような例は、ごくごく稀だろう。

ちなみに、小林製薬には、イライラに効くという『イララック』という薬もある。

『命の母』という商品名は、戦前の同名の「婦人病(=子宮病=生殖器病)」治療薬から採ったと思われる。

「婦人病」は、結婚の障害、離婚の原因になるとされ、女性たちから恐れられていた。

とくに、「おりもの」の異状を指す「こしけ(白帯下)」は、「怨霊の崇り」「恐ろしい子宮病」と言われ、『命の母』をはじめとする治療薬の宣伝が多数、婦人雑誌に掲載されていた。

以下引用> 夫にまで愛想を尽かされるイヤな『こしけ』は女の活血(いきち)を枯らす怨霊の崇り――(中略)こしけの下りる時に限って頭痛、めまい、腰足冷え、下腹張り、内股がしびれたり、月経不順、不眠症、根気うすくなるもので、人生無二の快楽なく、また局部とはまるで関係のない頭の毛が抜け、日増しに薄くなるものです。(1916年『女学世界』に掲載された広告)

以下引用> 婦人の命を削る恐ろしい子宮病こしけ(中略)こしけの下る婦人は既に恐ろしい子宮病に罹っている証拠ですから、一日も早く治さぬと生まれもつかぬ病身となります。(中略)少しでもこしけある方は勿論、逆上(のぼせ)、頭痛、足腰冷えて困る人も、直に二銭切手封入、お手紙ください。(1916年『婦人世界』に掲載された広告)

こうした、こしけ治療薬の宣伝文を読み、生理的な「おりもの」についても、病気を疑い、思い悩んだ女性がいたかもしれない。

健康不安をあおり、高い薬を買わせるという商法は、いつの時代にもある。

小林製薬のHPで、『命の母』の「効能・効果」を見ると、「こしけ」もあれば、「血の道症」「ヒステリー」まである。

(「ヒステリー」については、当ブログ「※あくまで個人の感想です」でも触れています)

どこまでも時代錯誤な薬である。

 

「※あくまで個人の感想です」

一昨日(14日)、『カーネーション』を観たあと、ついそのまま『あさイチ』(NHK)を観てしまった。

メインテーマは、「子宮のコブの大誤解」。

子宮が、月経中は外側へ向かって動き、月経前はほとんど動かないという映像を見たゲストのRIKACOが、「生理前でイライラしてるときは、子宮は止ってるのか。動いてる感じがするけど」というようなことを言った。

またか。

「女は生理前になると、理由もなくイライラする」という誤解を招く発言である。

RIKACOのように、月経前にイライラする人もいるのだろうが、一般化しないでほしい。

有経女性(月経がある女性)全体の信用に関わる。

今夏、松本龍元復興担当大臣が、被災者の気持ちを逆撫でするような暴言を繰り返し、大臣を辞任した際、B型なので、短絡的なところがある」と釈明(になってないが)、「血液型差別を助長するな」という批判が高まった。

B型は「マイペースで就活には不利な血液型だ」という話を耳にし、面接で血液型を聞かれたらどうしようと悩む就職活動中の学生もいるという(『朝日新聞』2011年8月22日)。

同様に、『あさイチ』を見た人事担当者が、女子のシューカツ生を「生理前には大事な仕事を任せられない」という理由で、減点しないとは限らない。

血液型や性別で甲乙つけるような会社は「願い下げ!」とは言えないほどの就職難の時代である。

RIKACOが、「生理前にイライラする」と語るのは自由。

だがその場合には、テレビ通販によく見られるような「※あくまで個人の感想です」という断りをテロップで入れたらどうだろうか?

それからもう一つ。

実際にはそうではなかったのだが、RIKACOは、子宮が動くからイライラするというイメージを抱いた

「子宮」が語源となっている言葉に、「ヒステリー」がある。

〈医学の祖〉ヒポクラテスも、哲学者プラトンも、子宮が体内を転がりまわるために「ヒステリー」が起こると考えていた。

中世ヨーロッパでは、「ヒステリー」の症状は悪魔や魔女の仕業とされ、患者たちは魔術的治療の対象とされたり、〈魔女狩り〉の犠牲となったりした。

〈子宮遊走説〉に基づいて、子宮摘出も行われていた。

イライラと月経や子宮を結びつける発想は、とても恐ろしい。

(文中、敬称略)

1 2 3 4 5