toggle
2011-11-06

NHK『使命と魂のリミット』前編

NHK土曜ドラマスペシャル『使命と魂のリミット』前編。

主人公、夕紀(石原さとみ)は、心臓外科医として高名な西園(舘ひろし)のもとで、研修医として働いている。

夕紀の父親(永島敏行)11年前、西園の執刀で亡くなっており、夕紀はその死に疑問を抱いていた――

父親の死にこだわり、医師を目指す。

フィクションにありがちな設定だが、非現実的だとは思わない。

身内の死にこだわることは、人間だけにできることである。

不器用な生き方かもしれないが、本人が満足なら、それでいいのだ。

それにしても、ドラマや映画に登場する心臓外科医は、みなカッコいい。

17年前、私が出会ったその心臓外科医も、非の打ち所がないくらい見た目がカッコよかった。本物なのに。

手術直前まで元気で、「あくまで予防的な手術」を受けたはずの祖母が、術後一度も意識が戻らないまま亡くなった。

納得がいかなかった私は、執刀した心臓外科医にアポをとり、説明を聞きに一人で病院へ行った。

そのとき言われたことで、今も鮮明に覚えている二つのこと。

「あなたのおばあさんは亡くなったけど、私に手術してもらえて、満足しているはずだ」

「わたしはあの世を信じている。あなたのおばあさんは、あの世で幸せに暮らしている」

「あの世」の幸せを信じている人に、命をまかせてはいけない。

医師は24歳の小娘を前に、最初から不機嫌だった。

早くオバサンになりたい!!!と切実に思った。

その医師は翌春、別の大学病院へ移った。栄転である。

祖母のことも、私のことも、まったく覚えてないだろう。

でも、私は忘れない。


関連記事