toggle
2012-12-05

『ゴーイング マイ ホーム』の「あれ」

阿部寛・山口智子主演の『ゴーイング マイ ホーム』(関西テレビ)。

初回、あまりに展開がなく、次が観たいという気にならなかったうえに、2回目はスポーツ中継で延期。

観るのをやめようと思ったのだが、『結婚できない男』(関西テレビ)系の阿部寛の演技は観たいし、信頼をおくブログの評価が高いので、とりあえず観続けることにした。

すると、映像、音楽ともに心地よく、展開を期待するドラマではないのだと納得。

登場人物のキャラクターが丁寧に描かれているので、いずれかの人物に身近な人を投影しながら観てしまい、それも面白い。

ただ、一つだけ気になるのが、セリフに「あれ」が多過ぎる点。

適切な言葉が浮かばないときに使う「あれ」である。

現実にはよく耳にする言葉だが、ドラマではあらかじめセリフが用意されているので、滅多に聞かない。

特定の人物が口ぐせとして使うのであれば、会話にリアリティが出るが、このドラマでは、吉行和子、西田敏行のみならず、比較的若い阿部寛、山口智子、YOU、安田顕その他、皆が皆、「あれ」を連発。

ドラマは、基本的に一人の人間が登場人物全員のセリフを考えるわけだが、皆が口にする「あれ」によって、是枝監督という神様が、役者というコマを動かしている様が、露骨に伝わってくる

そこに何か狙いがあるのか?

「あれ」が気になるものの、終わるのが惜しいドラマである。

(文中、敬称略)

追記:1211日放送の第9話では、なぜか誰も「あれ」と言わなかった。

 


関連記事