toggle
2012-11-13

横田滋さん、80歳の誕生日

明日11月14日は、北朝鮮拉致被害者、横田めぐみさんの父、滋さんの80歳の誕生日である。

35年前、滋さん45歳の誕生日に、中学1年生だっためぐみさんがプレゼントしたのは、携帯用の櫛(くし)。

翌日、めぐみさんが失踪。

その理由がわからないまま過ごした20年。

北朝鮮の関与が疑われ、判明し、再会を期待してから、15年。

35年間、滋さんに撫でさすられてきた櫛のケースは、変色している。

これまで横田ご夫妻は、拉致問題についての講演依頼を出来る限り引き受け、全国行脚してきた。

79歳と76歳になる今もスケジュールは分刻みで、体は悲鳴を上げている。

とくに滋さんの体力は限界まできていると思われるが、講演を引き受けることがめぐみさんの救出につながると信じ、医療スタッフをともない、スケジュールをこなしている。

たいへん失礼な言い方になるが、もうあまり時間がない。

政府に、本気で拉致問題を解決しようと考えている人間が、一人でもいるのだろうか?

わたしたちは傍観することしかできないのだろうか?

今日もどこかで、ご夫妻はめぐみさんの救出を願って講演活動を行っている。

(関連記事「横田めぐみさん、48歳の誕生日

 


関連記事