toggle
2017-05-28

『ゼクシィ』の配慮(?)しすぎなコマーシャル

『ゼクシィ』は不思議な雑誌である。

人は結婚するとしてもせいぜい一生のうちに1、2回なので、『ゼクシィ』が必要になるのも、一生に1、2回である。しかも、結婚する人が皆、買うわけではない。それなのに売れている。

電車の吊り広告の見出しを見る限り、毎号、同じような内容である。引き出物の金額の相場などは少しずつ上がるだろうが、それ以外は数年前のものでも大差なさそう。それなのに売れている。

結婚至上主義の能天気な雑誌かと思いきや、最新のコマーシャルのコピーは、〝結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私はあなたと結婚したいのです〟 !!!

耳を疑った。結婚しない人たちへの配慮か? そこは『ゼクシィ』なんだから、変に気を遣う必要はないと思うのだが。ちなみに花嫁役はNHK朝ドラ『ひよっこ』で「助川時子」を演じる佐久間由衣。

『ゼクシィ』のコマーシャルに出ているからには、時子は幸せな結婚をせざるをえないだろう。


関連記事