toggle
2013-04-07

天海祐希の『女信長』

単発のスペシャルドラマは、NHK以外は期待外れが多く、慎重に選択することにしている。

時代劇、とくに戦国モノと幕末モノ(『八重の桜』は例外)は、食傷気味であまり観ない。

したがって、普段なら観なかったはずの『女信長』(フジテレビ)だが、部屋を片付けながら観ていたら、はまってしまった。

信長(天海祐希)と、信長と仲違いする前のお市(長澤まさみ)、お濃(小雪)の3人が、町を歩きながらガールズトークするシーンが新鮮だった(当たり前か)。

全般的に悪役として描かれていた秀吉(伊勢谷友介)が、最後だけちょっといい人になるところも気が利いていた。

佐藤賢一の原作、黒木メイサ主演の舞台、そして今回のドラマでは、ストーリーが多少異なるようだが(やはりテレビが一番ソフト)、個人的には、天海祐希主演だからこそ楽しめたような気がする。

天海は、体格のよい男性俳優たちに囲まれていても、まったく見劣りしない。

さすが元男役、口髭も違和感なし。

天海祐希あっての映像化だったと言ってよいのではないか。

信長によるたびたびの「男(女)とは~~なものか」という問いかけに対する明智光秀の答えも、気にならなかった(気に障らなかった?)。原作者の思想だろうか。

時代劇と言えば、BSで『妻は、くノ一』が始まった。

主演が市川染五郎と瀧本美織と地味だが、原作が評判よいので、人気シリーズになるかもしれない。

『奥さまは魔女』を彷彿とさせるタイトルだが、意識して作ったのだろうか。

確かめたいところだが、時代劇は原則として守備範囲外なので、観た人の感想を聞くにとどめたい。

(文中、敬称略)

 


関連記事