toggle
2015-07-13

P&Gの月経不浄視撲滅CM

インドでは、月経不浄視がいまだ根強く、月経中の女性は男性の前に出てはいけないとか、外出してはいけないといった慣習がある(日本でも月経不浄視がまだ残存している)。

女子児童も初潮を迎えると、1ヶ月に4日間ほど学校を休むことになる。すると、卒業までに男子児童よりも登校日数が200日も少なくなってしまい、当然ながら勉強が遅れ、ここから男女の格差が広がる。

不浄視のほかに、生理用品の不備も、女性たちが学校や仕事へ出かける際の足枷となっている。

インドでは、いわゆる使い捨てナプキンを使っている女性は、全体の1割という統計がある。これは、貧困や不浄視といった理由のほかに、「生理用品に対するタブー」が影響している。

例えば、「使用済みのナプキンを豚が踏んだら結婚できない」とか、「使用済みのナプキンの上を蛇が通ったら姑と喧嘩をする」とかいう話が信じられている。(普通、使用済みナプキンは外に捨てない。たまたま捨ててあるのを踏んでしまった人が、腹立ちまぎれに言い出したことなのか?! その辺は不明)

そのインドで、使い捨てナプキン「ウィスパー」を販売するP&Gが、月経不浄視撲滅コマーシャルを放映し、世界最大級と言われる広告祭でグランプリを受賞した。

インドの月経不浄視に基づく慣習の中で最も一般的なのは、「月経中の女性がピクルスの入っている壺に触るとピクルスが腐る。だから触るな」というもの。このコマーシャルでは、月経中の女性がピクルスの壺に触りまくってて痛快である。

http://www.movie-times.tv/purpose/buzz/6588/

(情報提供:山浦麻子さん http://nunonapu.chu.jp/naplog/

 


関連記事