toggle
2012-03-06

NHKドラマ10『タイトロープの女』

『タイトロープの女』(NHKドラマ10)は、地味で先が読める展開だったが、後味のよいドラマだった。

「なさぬ仲」を演じた池脇千鶴と高岡早紀は、好対照。

売れないピアニスト役の池脇は、リサイタルの衣装を着けていても、地味。

その父親の元愛人で現妻の高岡は、喪服でも派手。

2人が対立しつつも最後は歩み寄るであろうことは、女同士が手を取り合うエンディングの映像から読めるのだが、このわかりやすい映像が悪くなかった

一時、大石静や内舘牧子らが得意とする、女同士の争いを描くドラマが多く、食傷した。

(最近では、『蜜の味~A Taste Of Honey~』が典型)

これでもかと人の醜い面を描きだすのは構わないが、それがまるで女の性(さが)であるかのような錯覚を与えるのはいかがなものか。

そういう意味で、『タイトロープの女』は後味がよかった。

最後の再会のシーンはベタすぎたが。

「いい人」を演じる本田博太郎を初めて見た。

(文中、敬称略)

 


関連記事